2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

撮影遠征や結果

2017年3月 7日 (火)

2017/02/25 天城高原遠征 アンタレス付近の星雲

Photo_2


明け方、さそり座が昇ってきたのを見たら、つい撮っちゃいました。
60分弱の露出でもよく写りました。

TAKAHASHI FS-60CB(+Reducer) 250mm F4 + CooledEOS6D ISO1600 7min x 8comp. = 56min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + PENTAX105SDP 515mm F4.
2017/02/26  Shizuoka-Pref

2017/02/25 天城高原遠征 M97,108

New4_2

ふくろう星雲とも呼ばれるM97とM108の組み合わせ。

5151mmには酷ですが、ちゃんとフクロウの顔はわかります。

グリーンの顔の周りを赤が縁取っている様子もわかります。

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600 10min x 6comp. = 60min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/02/25    Shizuoka-Pref. JAPAN

2017/02/25 天城高原遠征 M81,82

M81m82_3

M81,82を焦点距離515mmで撮影したものを拡大しトリミングしています。
M65,66より上手く撮れているようです。

いままで撮ったM81の中では腕が最もよく写りました。

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600 10min x 6comp. = 60min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/02/26    Shizuoka-Pref. JAPAN

2017年3月 4日 (土)

2017/02/25 天城高原遠征 M65,66

M6566_2


M6566_tri


しし座のM65,M66付近の画像です。D105㎜、焦点距離515mmには厳しい対象です。

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600 10min x 6comp. = 60min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/02/26    Shizuoka-Pref. JAPAN

2017/02/25 天城高原遠征 かもめ星雲

Photo_3

薄雲もほぼ取れて、露出も傾くまえに90分程度かけることができました。おかげでまずまずの写りになりました。

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600 12min x 8comp. = 96min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/02/25    Shizuoka-Pref. JAPAN

2017/02/25 天城高原遠征

C5juw1gvmaa4erj

1月末は天候に恵まれなかったため、2/25が今年初の遠征となりました。

場所は天城高原。わし星雲(かもめ星雲)など、冬の南の対象の撮り残しを撮影したくてのセレクトです。そしてH氏の誘いも追い風に。ちなみに、その前の週末に追突事故に遭ったのですが、幸い怪我はなかったのですが、車は鈑金入り。代車での遠征となりました。

慣れない車なので明るいうち着くように早めの出発。地元スーパーでちゃんこ鍋セットと、生うどん3玉を買って高速で。渋滞はなく、伊豆スカイラインを抜け、現着は17時。H氏と、他にはやくも4名程度の方がいました。年末、朝霧でご一緒させていただいた、よっちゃんさんにも再会。

薄明終了前後も少し怪しげな天候。全体薄雲があり、北は曇り。南へも時折濃い雲が通過。目的のひとつであったこの季節はもう夜半には沈んでしまう、かもめ星雲の撮影が怪しい感じ。まずはM78をとりあえず、M78を90分露出し、その撮影終了の21時過ぎから好転しはじめました。

そこで、かもめ星雲の撮影開始。23時頃には傾き、撮影終了。その後、105SDPには厳しい春の銀河を撮影し、明け方には昇ってきたアンタレス付近を。

そんな撮影になりました。

風が寒かったのですが、鍋にしたり、周りの方々と談笑してにぎやかにやったり、仕事疲れ気味のH氏ともワイガヤとやりながら楽しい遠征となりました。

上の画像は朝の帰りの、朝焼けの富士山です。

2017年1月 5日 (木)

2016/12/28 朝霧高原 遠征 魔女の横顔星雲

続いてメインテーマの「魔女の横顔」星雲。以前APS-Cで撮るとモザイクが必要でしたが6Dなら一発。淡い対象なのでフラットがばっちりでないとモザイクが合いにくいのですが、フルサイズのおかげで楽に絵になりました。

とりあえず、ここで曇ってしまいましたが満足。
わし星雲とかは、また次の新月に期待で。

_sdpf5_c08m00_96min_20161228_as

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600 12min x 8comp. = 96min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2016/12/28    Shizuoka-Pref. JAPAN

2016/12/28 朝霧高原 遠征 カリフォルニア星雲

この遠征のメインは、オリオン座の星雲群~わし星雲を狙うつもりでしたが、オリオン座が昇るまでの待ちとして撮ってみたカリフォルニア星雲です。

_sdpf5_c06m00_72min_20161228_as

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600 12min x 6comp. = 72min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2016/12/28    Shizuoka-Pref. JAPAN

2016/12/28 朝霧高原遠征

あけましておめでとうございます。今年もたまには覗いていだだければと思います。

といいつつ、年末の記録です。

12月28日は朝霧高原に遠征してきました。この場所は10年ぶり。10年ぶりに2016年は冬遠征を復活、しかも20年ぶりに花立などに行ったのですが、夏山の星ばかりみていたので、空の明るさには驚きました。そこで、この冬はソコソコを狙い、朝霧高原へ。本当は天城まで行きたかったのですが今年は年始の休みの入りが遅く、余裕がありませんでした。28日も仕事でしたが、仕事を終わらせてから決行。しかし結論から言うと、無理せず29日に行った方がよかったようです。22時過ぎには曇られてしまいした。

しかし、ロケーションの良い観測地。少しの晴れ間でも気分は最高でした。

20161228_asagiri

2対象の釣果と、冬観測恒例?のちゃんこ鍋を食べて帰ってきました。
こんな星景撮影も久しぶりでした。

2016年12月15日 (木)

2016/12/02 花立山自然公園 遠征 ばら星雲

これで最後、ばら星雲。

この日の最後のしわ寄せで露出は少なめになってしまって不完全燃焼かな。
こうならべるとこの夜は欲張って撮りましたね。

ところで、ブログだから?それで良い?のですが、今回から自分のメモの意味合い強く、画像を大きく、タイトルにもアルバム代わりに対象名を入れ始めました。というのも理由があり、フジフイルムのwebアルバムサービスに画像を上げてアルバム代わりに使っていたのですが、近々でサービス終了との通知が来ました。代わりを探さねばなりません。

私のホームページhttp://astro.blue.coocan.jp/からのアルバムへのリンクもまもなく切れてしまう、、。

_sdpf5_c07m00_63min_20161202_ht

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600 540s x 7comp. = 63min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2016/12/02    Ibaraki-Pref. JAPAN

より以前の記事一覧