2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月14日 (月)

乾電池 エボルタ

タイトルがものすごく地味~ ですが、その通りの乾電池の話題です。

近年の天体観測や撮影の電源は、導入支援装置やPCで電力消費量が増えたため、車用バッテリーかその応用、または発電機が主流になっていますね。乾電池でも賄えたのは昔の話です。

機材ではなくても、ライトとかの乾電池ではLEDの省電力のおかげで、単3から単4にシフトしているようです。

今回はその単3の話題です。上記のような状況の中でも、近年はポータブル赤道儀が大量にデビューしてきたので、単3の登場機械は増えてきているのでは?と思っています。

そして、先日のCD-1故障騒ぎ(自分的には)は、乾電池が原因でした。電池切れ?

いや、そのサイズです。

私が新品にしても動かなかったと言った、その新品はpanasonicのEVOLTAでした。

この電池、過去はオキシライド電池のブランド名でデビューしましたが、現在はアルカリ乾電池です。オキシライド電池時代は、開放電圧が高い(1.7V)ためラジコンなど(パワーが出る)で人気だったようですし、CD-1の取説でもビクセンのモータードライブは12V(9Vから駆動)設定でCD-1の電池ボックスは単3が6本なので電圧に余裕が出るのでオキシライドがお勧めと買いてありました。

そのため、なぜかアルカリに戻っても安心感があるような気がしてEVOLTAを買ってしまいました。今はスタミナや液漏れ対策や保存性が売りとなっています。

Img_lineup03

現状のEVOLTAはスタミナ確保のために容量を大きく取っているとのこと。ここにおいて取った手法は設計サイズにおいて単3のサイズ規格(ISO)の許容サイズの上側を狙っているとのこと。

この結果、一部の機器では電池が入らないとか、引っかかりがあるために電極のバネ端子に届かない、とかの不具合で出る機器があるとのことです。

私のCD-1不具合の原因も結論としてそうでした、、、。ご使用の際には皆さんも相性の確認を。

2014年7月 3日 (木)

10年

今日、荷物が到着。この箱です。

この箱は天文好き、いや機材好き?にとっては特別ですね!

この箱をみただけでちょっと幸せ気分になります。

さて、タカハシの何を買ったのでしょう!

Img_20140702_233506

残念ながら、アイベルさんのCD-1を修理に出したら、この箱で帰ってきただけです。スーパーのダンボールで送ったのに、この箱で返してくれて、アイベルさんありがとう。

まずはCD-1の修理について。

アイベルさんに発送する前の確認で、概ね原因はわかってしました。

5月に使った際、久しぶりだったので単3x6本の電池ケース内の電池が液漏れしていました。現場で、接点を磨いたうえで電池交換をしても動かないので、まず「???」となりました。

後日、秋葉原を通った際に新品の電池ケースを買って、電池ケースを交換しました。それでも動かず。ここで、「あぁモーターかコントローラーだ!」と決め付け。

そして先日やっと暇ができたので、アイベルに発送する際、「そういえばテスター当ててない」ことを思い出し、テスターを当てると、ケーブルは正常、電池ボックスも接点を全部テスターで当ててもちゃんと流れる、電池も正常。でも電池を電池ボックスに入れて電圧を測ると、電池ボックスからの出力はゼロ。「電池と電池ボックスの接触相性が悪い(エボルタ)」。

ここで普通は、またアタリの電池ボックスを探しに秋葉原へ行くところですが、電車代やら考えると、もうアイベルに送っても殆ど一緒。しかも、なんだかツイていない気がするので、電池ボックス問題がクリアしてたら、本体もダメだった、なんて場合もありそうな予感!

ということで、アイベルさんに送ってしまいました。すると、アイベルさんから翌日電話。「電池ボックスの交換で解決しました」。予想通りの結論でした。

さてさて、「10年」とタイトルをつけましたが、赤道儀と望遠鏡はもう、10年買っていません。寂しい。赤道儀はパソコンが進化して赤道儀に対応しなくなるまでは更新ぜずに使うことになりそうです。大きい機材に行く予定はなく、小さい機材ならばタカハシ以外が安価に出回っている時代になりました。買っても、中国製でしょう、、、。

望遠鏡はすぐにでも欲しいのですが、、。何にしましょう!?

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »