2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月21日 (土)

デジカメ撮影を活かした快適導入

今日は、デジカメ撮影環境を活かした快適導入アイテムです。

私はパソコンによるTEMMAの自動導入環境としており、撮影はデジカメEOS X2(冷却)です。撮影のクオリティーより、過程の楽しみや快適度を優先しています。

そこで、自動導入の基準星導入も、デジカメのライブビューを使っています。EOSのソフトはライブビューの画面にグリッド線を表示させることができます。分割数も選べます。カメラを外し、十字線アイピースで確認するより、正確に、カメラを外すことで配線に邪魔されるようなこともなく迅速に、基準星導入できます。目的構図を導入した際も写っている星を目安に構図の追い込みが可能です。特にモザイクの時の構図は正確を期したいものです。

しかし、チップが温まりますから、冷却モデルと言えどライブビューの時間はできるだけ短くしたいものです。ライブビューが長くなってしまう要因は、赤道儀コントローラーのボタンを押した際の構図の移動方向がつかめず、トライ&リトライになってしまうことです。一発で目的の方向に動かしたいものです。

そこで、これまたEOSのソフトは便利で、ライブビュー画面に、JPEG画像などをオーバーレイ表示できるのです。このオーバーレイ表示の画像で、赤道儀のボタンの方向を表示させるようにしています。

Img_2834

グレーのバックに白文字を入れると、星は透過して表示されます。

画面の数字は赤道儀のボタンの数字「Sいくつ」に対応していて、「TE-NSというのはテレスコープイーストで南北に長い構図のとき」の意味です。つまりこのオーバーレイの画像は、TE-NS, TE-EW, TE-NS, TE-EW用の4種そろえてあります。

Img_2836

Eastns0_2

これで、かなり自動導入が楽に、スムースに、ライブビュー時間が短くできています。

ちなみにライブビューを使うくらいですから、私はダーク引きはしません。お気楽なためのデジカメ、かつ冷却仕様なのです。

もちろん、ライブビューの後、即撮影には移りませんけど、、。

2012年4月15日 (日)

今年の撮影準備始動

私の住む地域では桜も終わってしまいました。先週末などは、千鳥ヶ淵の桜見物などに行っておりました。

今月から今年の撮影開始といきたいところですが、新月期の天気はどうでしょうか。

今日は素晴らしい雨の日だったので、機材チェックにしました。

冬の間に抜いておいた電池類などを戻しました。以前は構図確認用のアイピースやファインダーの暗視野照明のLR44やらがあったのですが、PCの自動導入となった今では過去の遺物です。現在は機材ではスポットファインダーのCR2032だけとなっていて、あとヘッドライトの単4電池くらいです。

あとは一通り室内で組み立て、動作チェック。ケーブルに断線などがないか確認します。

とりあえず問題抽出はされませんでした。天気さえよければこれで撮影できます。

Img_2825

今年もこのごちゃごちゃケーブルとお付き合いです。

せめての手間減らしに、赤道儀と鏡筒の取り付けはアリ溝にでもする予定です。

2012年4月 1日 (日)

フィルター完成

少し間隔が開きました、お久しぶりです。

先週末は福島の裏磐梯でスキーをしてきました。観光業はやはり影響を受けているのか、昔何度か立ち寄り温泉として使ったことのある温泉旅館が閉まっていました。とても残念です。

さて、完成というほどのことでもないのですが、日食用の機材準備は終了です。

SDPのアストロソーラーフィルター、準備完了。シワなく貼れました。

120331_182709

サークルカッターで円に抜いたクラフト用の厚ーい紙に、両面テープを付け、テーブルに置いたフィルムを押し付けるように貼り付けただけ。

それを、先日買ってきたケーキの型の奥に落とし込む。ケーキの型の内側はテープ付きのスポンジを3条貼り付けてあります。

ただ、それだけの工作です。

また、カメラ撮影用のテクニカルホルダーに貼り付けて、カメラレンズ用の準備も終了しました。

あとは双眼鏡用と身内に配る、日食メガネを作製します。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »