2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« アストロソーラーフィルター到着 | トップページ | 太陽撮影準備に着手 »

2012年3月 9日 (金)

配線取り回しを再考したものの

こんにちは。

今週は台湾に出張していました。台湾は初でした。聞いている、知っている、と実際感じる、は全く違うもので、活気に圧倒されました。景気云々以前に今の日本に活気がない、活気というのはこういうものか、と感じました。

さて、先月あたりから機材のケーブル取り回しを考えなおしていましたが、やはりHUBなどを使わない前提では、今以上の策はなさそうです。ちなみに今は

Book2 こんな取り回し。網掛けのグループでスパイラルチューブでまとめています。つまり大きく2組になっています。スパイラルチューブから編組チューブに変えようかと思いましたが、コネクタが大きいので編組チューブそのものを通すことはできても、端面処理の熱伸縮チューブなどが無理そうです。

そんなわけで断念して今のままで諦めようと思っています。wi-fiやbluetooth対応のカメラやら天文機器は出ませんかね?せめて232Cは卒業して欲しいと思いますが、、。

自作の電源BOXの詳細をはじめ、ケーブルの実物は機会があったら載せようと思っています。

« アストロソーラーフィルター到着 | トップページ | 太陽撮影準備に着手 »

天文機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アストロソーラーフィルター到着 | トップページ | 太陽撮影準備に着手 »