2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« PHD Guiding パラメーター解説シリーズ3 <本編> | トップページ | 堂平山からのスカイツリー と 天体写真 »

2011年12月16日 (金)

最近の画像処理を反省

久しぶりに自分の撮影画像と、他の方のHPの画像をまじまじと見比べていました。近年の皆様の画像はすばらしいけど、自分はこんなところで満足しておくかと思った次第です。

ただ、「あれ、ここのところ処理が素直?じゃなくなっているな」と感じ、特にHPのRecentDSLRのM31が酷い。暗黒帯が飛びで見えなくなっています。そこで、この再処理画像を旧のキンギン処理の隣に載せました。見比べてみてくださいね。どちらがお好みでしょうか?

M31_spdf53cfj100912rev2s_2

やはりこう見比べると、素直?な方が私は好きです。

参考までにRecentDSLRのページのファイル名は

対象名_機材(SDPとは105SDPのこと)F数-コンポジット数Cモザイク数M-撮影場所年月日

になっています。

M31_SDPF5-3C-FJ20100912 ならば

M31を105SDPのF5で、3枚コンポジット(モザイクなし)で 富士山で2010/09/12撮影

のルールです。なんとなくこの程度のクオリティーの素材なんだと掴んでいただけるかなと。

« PHD Guiding パラメーター解説シリーズ3 <本編> | トップページ | 堂平山からのスカイツリー と 天体写真 »

天文機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570049/53499889

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の画像処理を反省:

« PHD Guiding パラメーター解説シリーズ3 <本編> | トップページ | 堂平山からのスカイツリー と 天体写真 »