2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« PHD Guiding パラメーター解説シリーズ3 <準備編2>① | トップページ | 皆既月食 »

2011年12月 4日 (日)

PHD Guiding パラメーター解説シリーズ3 <準備編2>②

つづき

○ おまけとして赤緯バックラッシュ時間を測定。

① 赤道儀の赤緯のモータースピードをいつもガイドに使う速さに設定する。

② PHDをループモードにして、画像を画面に表示させたまま、赤道儀の南北どちらかの  

  微動ボタンを星が動くのが分かるまで押す(動いたら離してよい)。

③ PHD guidig の Adbanced の設定項目のうち、Disable guide output にチェックを入れる。

④ ガイド星を指定するまでの操作はいつも通り行い、PHDボタンを押す。

  キャリブブレーションは不要(というか、③の設定なのでPHDが行おうとはしない)

⑤ オートガイドを開始(PHDを押す)し、グラフを表示させる。

⑥グラフを見ながら、②と反対方向のボタンを押しグラフが反応するまでの時間を計る。

  これがバックラッシュタイム。短いほどよいが、自動導入の「早さ」からの制約により、

  近頃の自動導入対応赤道儀は、バックラッシュは大きくとられている。

■私のEM-200 TEMMMA の測定結果

計算で515mmは縦のスケール2.2秒角です。

赤緯成分(極軸誤差)はまずまず。

ピリオディックモーションは515mmでははみ出ました。想像で7マス分、大体±7秒ほどありそう。しかも元位置まで戻らない。単純にウォームとホイルの1回転分以外の要因もある様子。でもガイドできてるから気にしない。

3

バックラッシュタイムは、赤緯が最速の13.5秒角/secでも約3秒あった。

=========================

ここまで時間がかかりました。

やっと次回からパラメーターそのものの解説を始めます。

お気づきの方もいるかもしれませんが、前の記事も少しずつよりわかりやすく書き直しています。

« PHD Guiding パラメーター解説シリーズ3 <準備編2>① | トップページ | 皆既月食 »

天文機材(オートガイド)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570049/53406923

この記事へのトラックバック一覧です: PHD Guiding パラメーター解説シリーズ3 <準備編2>②:

« PHD Guiding パラメーター解説シリーズ3 <準備編2>① | トップページ | 皆既月食 »