« PHD Guiding1.13 と 遠征 | トップページ | PHD guiding パラメーター 解説シリーズ1 <用語編> »

2011年10月11日 (火)

PHD guiding パラメーター の探索①

3連休に入る金曜夜、快晴だったので自宅前でSSAG+PHD Guidingの追い込みを行いました。

昨年、この組み合わせを導入して即実践に入り、4回遠征をしたのみ。遠征中は条件の追い込みが足らないのを承知で使用していました。今回初めての追い込み?研究というわけです。

結果、シーシングが良くなかったもののRMS 0.25程度が安定して得られるようになりました。私の場合、オフアキ使用で撮影系兼ガイド鏡が105SDP 515mmです。また、カメラ(X2)とSSAGのピクセルサイズは同じなので、RMS 0.25なら十分だと思っています。

Ssaggr_4

パラメーターはこれです。上記の撮影系と、赤道儀がEM-200 TEMMMA2Jrです。

1_3 基本的に、デフォルトで十分。

durationとcalibration stepだけをいじりどころとしたほうが整理しやすいtp分かりました。

また、calibration stepはST-4のキャリブレーションの概念とちょっと異なるため、注意が必要だとわかりました。

詳しい解説?はまた次回以降にさせてください。誰にでも一般化した形でまとめてみます。

|

« PHD Guiding1.13 と 遠征 | トップページ | PHD guiding パラメーター 解説シリーズ1 <用語編> »

天文機材(オートガイド)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PHD guiding パラメーター の探索①:

« PHD Guiding1.13 と 遠征 | トップページ | PHD guiding パラメーター 解説シリーズ1 <用語編> »