2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月28日 (金)

PHD guiding パラメーター 解説シリーズ1 <用語編>

本当は今日の午後から休んで撮影に行きたかったのですが、明日の午前に仕事が入ってしまったために断念しました。そして明日の夜はもう天気が悪そうですね。

今年は週末の天気が悪いですね。坊主で終わってしまいそう。。。。

そんなわけで、若干の暇ができました。

「PHD guiding パラメーター 解説シリーズ」をはじめたいかなと思います。

一応 眼視ガイド、ST-4、とやってきたので、その知識を総動員して皆様のお役に立てればと。


今日はまずオートガイドに最低限必要な、事前の用語知識からいきます。

●シーイング          <空の要素> →もちろんご存知ですよね?

●ピリオディックモーション <機械の要素> →ご存知ということで。

●バックラッシュ       <機械の要素>

ご存知のはずですが、おさらいとして一応。ギアの遊びです。遊びがないとギアは「動かない・磨耗する」のでかならずギアには遊びがあります。

赤経の修正用(微動)モードで動くモーターは基本的に恒星時に対して増速・減速するだけで逆転まではしない設定です。よって常にギアは1方向に押されて動いているのでバックラッシュの影響は現れません。

赤緯は、基本はモーターは停止していて、ガイドの修正操作の際には北へ南へと逆転動作をしますので、バックラッシュの影響を受けます。

このバックラッシュの影響、とは何か。人(あるいはオートガイドソフト)が南へ動かしたいとボタンを押しても、すぐには南に動かない。少し動かしたいと思っているのに、なかなか動かないから、南へ動くボタンを長く押していたら、結果的に今度は南に行き過ぎてしまった、それでは今度は北に戻さなければと北へ動くボタンを動かしてまた同じことを繰り返してしまう、という問題(下のハンチング)の元となります。

ハンチングもバックラッシュも、目視でガイドをしたことがある人ならすぐに感覚的に理解できますが、最近は経験のない人のほうが多いかもしれませんね。

●ハンチング <制御理論的な要素>

バックラッシュで解説してしまいました。違う例で説明しましょう。

高速道路を運転しています。ハンドル操作で車線の中央を走らせるのが完璧なガイドだとしましょう。この高速はゆるいカーブが右へ左へと続いています。このゆるいカーブは少しずつ訪れるので、ハンドル操作も少しずつゆっくりと対応すればよく、車線の中央を保つことは比較的容易です。カーブをピリオディックモーションに見立てた、対応のイメージです。

しかし、横風が吹いています。路肩に防音壁があったりなかったりの箇所があって、場所毎に風の強さが大きくかわります。いま、風で右に車が大きく流されました。あなたは慌てて左にハンドル操作をします。しかし慌ててハンドル操作をしたので、大きく切ったために、今度は風に流されたのと逆にの右にはみ出しました。また、大きく左にはみ出して、、、結局まっすぐ走りません。風をシーイングに見立て、ハンチングがおきるイメージです。そして、慌ててハンドルを切らずに、落ち着いて控えめなハンドル操作をすればハンチングは小さくできます。これがハンチングに対する、オートガイドの設定の肝になります。道路に穴が開いていた場合にも同じようなことが起こりますね。これは赤道儀のギアの傷や砂噛みなどの例えに使えるかもしれません。


次回は、グラフのRMSをいくつ狙いでいくか。そして、各パラメーターの解説、と進めて行きたいと考えています。(一応 赤緯の設定までは下書きできています)

ちょっとモチベーションが必要なので、もし見ている、期待している方がいましたら、コメントでもお寄せいただければ幸いです、、。

2011年10月11日 (火)

PHD guiding パラメーター の探索①

3連休に入る金曜夜、快晴だったので自宅前でSSAG+PHD Guidingの追い込みを行いました。

昨年、この組み合わせを導入して即実践に入り、4回遠征をしたのみ。遠征中は条件の追い込みが足らないのを承知で使用していました。今回初めての追い込み?研究というわけです。

結果、シーシングが良くなかったもののRMS 0.25程度が安定して得られるようになりました。私の場合、オフアキ使用で撮影系兼ガイド鏡が105SDP 515mmです。また、カメラ(X2)とSSAGのピクセルサイズは同じなので、RMS 0.25なら十分だと思っています。

Ssaggr_4

パラメーターはこれです。上記の撮影系と、赤道儀がEM-200 TEMMMA2Jrです。

1_3 基本的に、デフォルトで十分。

durationとcalibration stepだけをいじりどころとしたほうが整理しやすいtp分かりました。

また、calibration stepはST-4のキャリブレーションの概念とちょっと異なるため、注意が必要だとわかりました。

詳しい解説?はまた次回以降にさせてください。誰にでも一般化した形でまとめてみます。

2011年10月 5日 (水)

PHD Guiding1.13 と 遠征

1日土曜の夜、ついに、やっと、今年初の遠征に。

前日発表の天気予報は良かったけれども、午前5時、11時発表と、予報は冴えない方向に修正、、、。

でも家の者には遠征宣言をしてしまっていたので、出かけることにしました。

快晴でなくても、リハビリと、オートガイドの条件確認ができれば良いと思っていました。

機材を積んで出発。 軽井沢通過、曇り。浅間山通過、曇り。

渋峠に19時着、もちろん曇り。

22時まで待つが、空と天気図とひまわり画像から絶対に晴れない確信アリ。

で、22時現地発。仮眠を取りながら2時に帰宅。ただの夜のドライブ。

ヘッドライト越しに少々紅葉してたかも?

Photo

PHD Guiding の1.13では、DECのmax durationも設定できるようになりました。

私がいまいち詰めきれてなかった、DEC側の修正量不足の問題が解決できそうです。

極軸を追い込めばこれまでも解決できたのでしょうが、面倒です。Max dec durationが設定できるようになったことで、これを長めに設定すれば修正量が足りるはずです。

これまで、要するにデフォルトが見えずに固定されていて、Decの修正時間が短くリミットされていたので修正不足だったのだろうと考えています。もちろん、修正時間が短くても足りるように極軸を追い込むのが、正道なのですが。

今度の週末は天気がよさそうなので、自宅前で実験してみることにします。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »