2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

2017年12月29日 (金)

2017/12/22 朝霧高原遠征   M41

これは直焦点ではなく、カメラレンズとスカイメモSです。
このレンズ、APS-Cでテレ側で星が流れて写るのでダメだこりゃとレッテルを貼っていたのでうsが、フルサイズで拡大倍率下がれば何とかなるのではと思って今回撮りました。

M41
やっぱり流れてしまいましたが、たまに撮るなら良いでしょう。

Canon EF70-200F4L  + CooledEOS6D ISO1600
30secmin X 4comp. = 2min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/12/23    Shizuoka-Pref. JAPAN

すごい量産体制でした。

さて、今年の遠征はこれで終わりです。遠征には5回でました。
来年こそ天候が良い1年になってほしいものです。

来年は露出をFS-60CBで3時間超えで狙います。

今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

2017/12/22 朝霧高原遠征   M64黒眼星雲

冬の大三角も沈み始め、短焦点でつらくとも春の銀河を撮るしかありません。
M81とかメジャーどころは撮ってあるので、小さいものを狙いました。

M64_sdpf5_c08m00_64min_20171222ag_2

黒眼は何とか伝わりますね。

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600
8min X 8comp. = 64min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/12/23    Shizuoka-Pref. JAPAN

2017/12/22 朝霧高原遠征   M46、47

早いもので、もう夜半過ぎは冬の大三角も傾き、撮影はつらくなります。
そこで低空ても何とかなる、散開星雲の出番。

M46m47_sdpf5_c04m00_24min_20171222a

大好きな散開星団です。対比がなんだかかわいく感じるのです。

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600
6min X 4comp. = 24min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/12/23    Shizuoka-Pref. JAPAN

2017/12/22 朝霧高原遠征   ばら星雲

ここで日付が変わり、撮影時刻としては23日に。

_sdpf5_c10m00_100min_20171222ag_2

この夜の本命3つ目。

もう少し写ってもいいかなとも思うのですが、露出が少ないのでしょうね。
でもF5で3時間かけるくらいなら、明るい筒で3時間かけたいのです。

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600
10min X 9comp. = 90min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/12/23    Shizuoka-Pref. JAPAN

2017/12/22 朝霧高原遠征   クリスマスツリー星雲付近

_sdpf5_c09m00_90min_20171222ag


この夜の本命その2。淡くて難敵であるのはわかっていましたが、それだけに露出たっぷりかけたのにこれだけか、とがっかりするのが怖くて、90分級の露出どまりで。南中を挟みましたが気にせず撮りました。

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600
10min X 9comp. = 90min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/12/22    Shizuoka-Pref. JAPAN

今まで撮った中では最良の出来。次に撮るなら、明るい筒でもっと露出をかけましょう。

2017/12/22 朝霧高原遠征   馬頭星雲付近

_sdpf5_c10m00_100min_20171222ag


この夜の本命その1です。6Dのフルサイズになって、昨年撮ってはいるのですが、花立山で明るかったため、暗い空でしっかり取り直したいと思っていた対象です。

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600
10min X 10comp. = 100min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/12/22    Shizuoka-Pref. JAPAN



やはり賑やかで良いですね。オリオン座は。

2017/12/22 朝霧高原遠征   くらげ星雲

_sdpf5_c08m00_64min_20171222ag_2


この夜は次にこれを撮りました。まだ20時台で高度もあまりないのですが、とりあえず久しぶりに、いまのカメラでは初めて撮る対象ですので、試し撮りといったところです。



PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600
8min X 8comp. = 64min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/12/22    Shizuoka-Pref. JAPAN

ものすごくあぶり出したいような星雲ではないので、満足の出来ということで。
この写り映えを基準にこれ以降の露出を決めて撮影していきました。

2017/12/22 朝霧高原遠征   h-χ

さて、この夜の1つめは、月沈前にh-χから。好きな星団ですが、赤星雲ばかりに熱中していてわざわざ撮ってあげたのは高校生のとき以来です。(ん十年前。)

Hx_sdpf5_c04m00_20min_20171222ag

PENTAX105SDP 515mm F4.9  + CooledEOS6D ISO1600
6min X 4comp. = 24min
TAKAHASHI EM-200TEMMA2Jr + QHY 5LII + Off-axis guider
2017/12/22    Shizuoka-Pref. JAPAN


これを夏に双眼鏡で見るのが好きです。なんだか秋の到来を感じるからです。
でもこの秋の天気が悪く、いまの撮影になってしまいました。

2017/12/22 朝霧高原遠征   今年最後の遠征

11月に続き、12月22日も遠征にでることができました。11月は天城へ行き天気はまずまずだったものの、強風で作品も星がでかくなったし、寒さもキツく感じました。

今回は天城の方が天気が安定しない予報であるのと、先月の風でなんだか懲りてしまったので、1年ぶりに朝霧高原へ。予報はまず曇らないだろうというものでした。有給をとり、午後からウキウキで向かいました。天気は良いと確信を持てる遠征は今年初だったからです。

そして、

Drolnuquiaabg6q


やったー。 そしてやっぱフォトジェニックな観測地はイイ。

夜も、

昨夜の夜半前の様子です。 カノープスもよく見えていました。  朝まで安定した晴れでした。 満足です。 - Spherical Image - RICOH THETA

こんな景色で、カノープスも高く感じます。今年新投入の星景用6Dでも撮影。

薄明終了は18時ですが月は20時まで残りますが薄明開始は5時。たっぷり暗夜があります。直焦点で6対象の計画、あとはせっかくの場所なのでカメラレンズとTHETAも投入しました。

こんな感じで私は撮影を楽しみました。

朝霧高原での昨夜の観測の気分に浸ることができます。 - Spherical Image - RICOH THETA

今回は、りょーじんさんも23時から合流、ほか、同じ駐車場には4組くらいの方々がいて、風もないのでのんびりと天体写真談義で盛り上がりました。

この観測場所、お約束の富士山と星はこんな感じ。いいですね!

Img_1425


そして散歩していると、カノープスはこんなに高く。

Photo_2


明け方まで天気は安定し、今年の締めくくりの遠征は大満足です。

6対象の画像処理は大変です。

2017年12月 8日 (金)

2017/11/24 天城高原遠征   久しぶりの星野

夏にスカイメモSと、非改造6Dと、トキナーの15-30㎜を買ったので、10年ぶりくらいで星野を撮りました。

P-2Sは設置が面倒ですし、CD-1は使い勝手がいまいち、ということでスカイメモSは面白いおもちゃなのでここでモチベが上がりました。あとはこれまで、良いカメラレンズもなく、古いデジカメX2でノイズが酷かったから撮る気がなかったというのもありましたけど、、、。

New1s


カメラレンズでの画像の仕上げは要検討ですね。あとやっぱりデジカメは改造しないと画がさみしいですね、、、。

«2017/11/24 天城高原遠征   モンキー星雲